ちょっと道草を・・・

梅雨空続きで中々野鳥撮影に出かけられない休日ばかりだ。

そんな時はどうしているかと言うと、専ら録画した映画鑑賞をしている。

先週の二連休も合計6本の映画を見た。

元来、松本清張ファンなので、主にその作品を録画して溜め込んで置き

時間を持て余している時に見ている。

6本見た中で最も見応えが有ったのは『祈りの幕が降りる時』だった。

ストーリーは『設定を変えた砂の器』のように思えたが印象深い一本になった。


話は変わるが今日は参議院選挙の投票日だが、もう何年も前から棄権している。

理由は参議院の存在そのものが『極め付きの税金の無駄遣い』と思えるからだ。

以前から反対意見も多く聞かれるが、全く改善の兆しは見えない。

もっともそういった法律を作るのが国会議員の役目なのだから、

自らの寿命を縮めたり断ったりする方向に向かう筈がないので

改善されないのも不思議では無いが、この世は誠に矛盾だらけだ。


余りにも天候不順続きで写真も撮れず、ストレスが溜まり込んで

こんなぼやき記事になってしまったが、早く本来の野鳥記事を

アップできる日がやってこないかと、待ち望んでいる。


これは2011年7月に写したお気に入りの一枚だ。
DSC_4637.JPG
0

長雨に参りますね・・・

6月は5回の休日の内3回雨に降られて散々だった。

2回のお出かけでも思うような一枚は撮れず

残念な一か月でした。

7月最初の休日も予報は終日曇りだったが、

気晴らしに市内の植物園を訪ねてみたが・・・


独特の鳴き声の方を探してみると
モズの若い♂のようだ・・・
DSC_1715.JPG



枝移りして・・・
DSC_1714.JPG



鋭く鳴いた後・・・
DSC_1713.JPG



振り向いて・・・
DSC_1712.JPG



尾を下げたり・・・
DSC_1711.JPG



上げたり特有の仕草を見せてくれた。
DSC_1709.JPG



この日はツバメの子育ての様子を撮りたかったが

公園や公共施設には格好の被写体が見つからず

こんな記事しかアップ出来ませんでした。

それにしてもブログの構成がまるで変ってしまい戸惑っています。

トップ画面の表示や記事の作成法などいずれも従来の方が

良かったように思います。既に他に引っ越しをした方もあるようで

私もどうしようか目下検討中ですね。
0

梅雨の隙間に・・・

梅雨入りしてから二週続けて休日に降られた。

この日は何とか予報が良かったので出かけたものの、

例年アオバズクが繁殖に飛来する神社も

枝をかなり剪定したのが災いしたようで不在。

仕方なく帰り道に農地を覗いてみたが・・・





この地方では留鳥のケリが・・・
画像



振り向いて・・・
画像



羽繕いを・・・
画像



少し大きく写してみたが・・・
画像



このアオサギはまだ若いようで・・・
画像



コサギがこんなポーズを見せてくれた。
画像




サンコウチョウの森に行こうか迷ったが

そうすべきだったと、悔いが残る一日だった。


ホイホイホイ・・・

この時期になるとホイホイホイのサンコウチョウの

鳴き声を聞きたくて毎年隣県の森に出かけている。





水浴び場の池で待つこと1時間、♂が現れたが
余りの暗さでSSが上がらず無残なピンボケに・・・
画像



更に2時間半後、♀が現れて・・・
画像



くるりと向きを変えて・・・
画像



正面顔はいつも微笑ましくて・・・
画像



画像



画像



画像



他にはシジュウカラの幼鳥や・・・
画像



カワセミの♂も現れた。
画像




その後、もう一度別個体と思われる♀が来て、

何とか♂を撮り直そうと粘ってみたが

二度目の登場はなく無念の撤収となったものの

大好きな美しい囀りを何度も聞けて大満足でした。

仰々しく・・・

五月も下旬になり早くも初夏の陽気になった。

この時期に一度は写しておきたいオオヨシキリを狙いに

冬場に水鳥を良く撮りに行った池に出かけた。



駐車場に着くなり盛んに囀りが
聞こえてきて・・・
画像



画像



枝を移って・・・
画像



画像



画像



画像




やっぱりこの種は、葦の枝に留ってくれないと

絵になりませんね~・・・



隣の葦原でツバメが珍しい所に留った。
画像



この池では毎年ヨシゴイの繁殖が見られたが

昨年に続いて二年連続で飛来していなかった。

飾り羽・・・

シラサギ類の夏羽では背からみの状の飾り羽が出て

首の下端の羽毛も長くなり、風に吹かれると美しい。

この日郊外で見つけたダイサギがその通り・・・



実に長~い首だ。
画像



どんどん進んで行くと
風に吹かれて・・・
画像



何やら咥えて・・・
画像



ドジョウだろうか?
画像



嘴に巻き付いたようで・・・
画像



呑み込もうと咥え直した瞬間
落としてしまった。
画像



これは以前写したコサギの飾り羽。
画像



この日はコサギも見つけたが

これ程の飾り羽ではなかった。

干潟にて・・・③

中々良い野鳥写真を撮るのが難しい干潟だが、

辛うじて羽色が綺麗なお目当てのササゴイが

お昼過ぎになってようやく現れた。





画像



長~く伸びをした後・・・
画像



浅瀬に移動して・・・
画像



餌場を物色中か?・・・
画像



画像



ようやく岩場で餌捕り開始・・・
画像



小さな魚ばかり2~30匹も食べたろうか?
カラスに威嚇されて飛び立ったが、あ~ぁっピンボケだ。
画像




ササゴイの朝食シ~ンには間に合わなかったので、

ランチタイムを待っていたが、予想通りのポイントに

現れてくれて、来た甲斐が有ったというものだ。

干潟にて・・・②

キアシシギに続いて近くに来たのがチュウシャクシギ。




画像



何故かじっとしていなくて
左右に良く歩き続けて・・・
画像



画像



近くの岩場にも・・・
画像



画像



朝の内は遥か彼方だった
ダイシャクシギが何とか撮影可能な距離に・・・
画像



画像何も見せ場のない画像ばかりで残念。


干潟にて・・・①

G・W初体験の9連休も終わりに近づき

締めくくりに干潟を訪ねてみた。




真っ先に見つけたのはキアシシギ・・・
画像



合計3羽いた内の2羽・・・
画像



浅瀬に嘴を突っ込んで・・・
画像



カニを捉えて・・・
画像



嘴を左右に振ったり・・・
画像



又、水の中に入れたりして・・・
画像



足をもぎ取り胴体だけにしてから飲み込んだ後・・・
画像



満足したように岩場の上で一息。
画像




いつもそうだが、この種は近くまで寄ってきて

様々なポーズを見せてくれるので有難い。

高原にて・・・③

今年のこの高原はかなり不調の様子。

毎年最も期待のできるポイントも静かなもので、

出てきたのはこのキビタキ♂のみ・・・




奥の倒木に現れて・・・
画像



お立ち台とも言えるところに・・・
画像



こちらを向いて・・・
画像



手前下の岩に下りてきたがピン甘・・・
画像



一番のジャンピンだったが
背景の右隅が頂けない・・・
画像



結局、背景を整理したこの一枚がベストか?
画像




ピントが良いと構図が悪く、構図が良いとピントが悪く

中々上手くいきませんね。

只、同じキビタキでも都市公園よりロケーションが良い分

幾らか満足度が高いように思います。/span>

高原にて・・・②

以前、撮影に出かけた公園でこんな事を耳にした。

『ソウシチョウが日本の野鳥に認定されたそうだ』と

本当かな?と疑問を持ち、野鳥の会に問い合わせてみたら

『特定外来種として認定されました』との事だった。

この種についてはその存在の是非について様々な

ご意見があるようだが、その原因は人間にあるような

気がするし、ソウシチョウに罪はないので

過度に毛嫌いするのはどうかなと思う。

そんな訳で高原で出会ったソウシチョウを写してみた。





良い雰囲気の倒木に出てきた。
画像



折角ピント良く撮れたのに
背景に横切る白い人工物が残念・・・
画像



人工物を避けて写してみた・・・
画像



画像



画像



賛否両論には耳を傾けるとして

素直に綺麗で可愛いと思う。

高原にて・・・①

毎年1~2度は出かけている県内の高原だが

昨年だけは何故か行く機会がなかったので

2年ぶりに訪ねてみた。




駐車場に着いて早々に
キセキレイが迎えてくれた。
画像



既に子育て中のようで
口一杯に虫を咥えて・・・
画像



少し位置をずらして
背景に緑を入れて・・・
画像



画像



画像




幸先よく一種をゲットして

気分よく森の中に入っていけた。

巣材集め・・・

郊外の蓮田の近くの休耕田で、

ツバメが巣材集めに忙しそう・・・





泥の中に顔を突っ込んで・・・
画像



こちらを向いて・・・
画像



どっちへ飛ぼうか?
画像



こっちだ・・・
画像



画像



画像



こちらでも・・・
画像



こちらでも・・・
画像



作成中の巣はどんな大きさ迄

出来ているのでしょうね?

少なかったな~・・・

前回同様に蓮田のシギ・チドリが少ない。


ここではいつもいるタシギが・・・
画像



ここにも・・・
画像



餌探しのようす・・・
画像



どぼんと・・・
画像



空振りのよう・・・
画像





この他には、タカブシギやケリの親子の様子も写したが

逆光の側に居た為、アップするような写真にはならず残念。

郊外の蓮田で・・・

キビタキの♂しか撮れなかった都市公園を

早々に切り上げて、郊外の蓮田に向かったが・・




コチドリがいた。
画像



画像



画像



画像



画像




蓮田を丹念に三周してみたが、キビタキしか撮れなかった

都市公園同様にここのシギ・チドリたちも少なかったです。

タイミングが?

今月は都市公園に出かけることが多いが、

昨日はコマドリがいたとか、おとといはコルリがいたとか

三日前はオオルリもいたとか聞かされるが、

週一のサンデーCマンは余程タイミングが良くないと

見逃すことの方が多いのは致し方のない現実。

G・Wに入りまだいるかな?と駄目もとで出かけてみたが・・・




ポイントで暫く構えてみたら、喉元が綺麗な
キビタキの♂が出てきて・・・
画像



画像



画像



画像



画像




出来れば新緑の枝留りで撮りたかったですが・・・

焼酎一杯ぐい~・・・

お馴染みの鶯の聞きなしは『ホーホケキョ』ですが、

『焼酎一杯ぐい~』で知られているセンダイムシクイを

見つけたというより、ぐい~と言う鳴き声がその存在を

知らせてくれる。




高~い位置にいるが、良く動くので・・・
画像



兎に角シャッターを押し続けて・・・
画像



大して変わり映えのしない画像で・・・
画像




他にもクロツグミやキビタキも見られたが

前回と同様の画像しか撮れず、アップには至りませんでした。

公園には冬鳥と夏鳥が・・・③

冬鳥のトラツグミの後、夏鳥のクロツグミが現れて

暫くすると今度はシメが下りてきた。




画像



画像



画像



画像



振り向くとアカハラが・・・
画像



幾らか明るい所に出てくれたが・・・
画像




この日はいずれも暗い林間ばかりで

その上、鳥は日陰で背景の方が明るいと言う

最も写しにくい条件でしたので、全ての画像が

削除の運命だったのは残念でした。

公園には冬鳥と夏鳥が・・・①

3月の下旬には夏鳥のツバメが真っ先にやってきたが、

4月に入り平地の公園では去ってゆく冬鳥と

渡ってきた夏鳥の両方を見ることが出来る。

お昼頃には雨が降り始めるとの天気予報の中

大急ぎで回ってみた。




今シーズン縁がなくて見られなかった
トラツグミをここで見つけた・・・
画像



画像



画像



ミミズを咥えたが生憎のピンボケで・・・
画像





今にも振り出しそうな厚い曇り空の下、

暗い林間では綺麗な画像は望めそうもないな~・・・